ついに合格発表の日を迎えました

  • 2011/02/28(月) 20:02:42

ご無沙汰しております。
muraokaです。

論文の発表が本日行われました。
なんとか合格しており、やっと卒業が確定しました!!

既に飲みに行ってる方もいて、これの投稿が終わったら追いかけたいと思います。

2年生になってから論文等で忙しくなり、あまり合わなかったぶん、今はことあるごとに親交を深める機会が増えました。
社会人になってからの「学生」と呼べる期間をかみしめているかのようです。

良い仲間に出会えて充実した2年間を送ることができました。
卒業したら会う機会も減ると思いますが、今後もこのつながりを大切にしたいと思います。

9期生の方は後1年弱とにかく頑張ってください!
頑張った分だけ達成感があると思います。

また、これから入学される方。入学希望の方は社会に出て2年間だけ許された「学生」生活を存分に味わってください。
きっと良い仲間と出会えて今後の人生が良くなると思います!

言霊にすがる日々

  • 2010/09/22(水) 17:27:31

皆様、こんにちは。kensanです。
「暑さ寒さも彼岸まで」のようで、
明日からは少し涼しくなる予報。
さて、大学院2年の後期が始まりました。
研究と修論の執筆、エンジン全開のはずがですが、実態は一進一退です。
いい感じで書いたなと思いきや読み直すと結構がっかりするのです。
そんなとき、先達の言葉はありがたいものです。
「論理的とは、異なる立場の論者による批判に対し、防衛力があるということである。」
 By 宇佐美寛『反論の技術』
 ⇒修論を書く上ではむしろプレッシャーを感じます。
「独創とは人に知られぬ剽窃である」
 By William Ralph Inge
 ⇒近頃「剽窃」という言葉には敏感です。
「さまざまな本を読みその中から自分で真実を選んでゆく」
 By Chris Sabian 映画『交渉人』
 ⇒最近やけに積読が目立つ。
「失敗の原因:未知・無知・不注意・手順の不順守・誤判断・調査、検討の不足・・・」
 By 畑村洋太郎 『失敗学のすすめ』
 ⇒頭が痛い・・・
「壁はそれを乗り越える可能性のある人の前に現れる。」
 By イチロー 『松井秀喜とのTV対談』2004年
 ⇒イチロー気分です。
「努力する人は希望を語る。怠ける人は不満を語る。」
 By 井上靖 
 ⇒ありがとうございます。
「ひるんだら負け。」
 By 松井三都男 『NHKプロフェッショナル仕事の流儀』2009年
 ⇒ファイティングポーズを取り続けろ!
「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇」
 By Charles Chaplin
 ⇒何年か後にはいい思い出になるはず。

ニューヨーク

  • 2010/09/12(日) 18:20:45

こんにちわ wanmaruです。

学校行事としては夏休みの期間でしたが、前記の成績表が届いたところです。

一通り卒業への単位は達し、一安心です。

さて残すところは卒業論文ですので、日々分析に追われておりますが、なかなか進みません。

焦っても仕方ないのですが、みんなの状態が気になります…。



そんな状態ですが、先週、息抜きと夏休みを兼ねてNYへ行ってきました。

自由の女神、ミュージカル、ウォール街など見るものは事欠きませんが、

昨日テロから9年を迎えた世界貿易センタービル跡地も今は名所となっています。

現在はニューヨーカーはグランドゼロとは呼ばず、

フリーダム・タワー(現在跡地に建設中)と呼ぶそうです。

ということで、今はただの建設現場でした。

呼ぶのも悲しい記憶ということことからそう呼ぶそうですが、

フリーダム・タワーにも記念館の建設が予定されているので、

日本の原爆ドームと同じく長く記憶に残るでしょう。



さてテロとは異なりますが、NYのあるマンハッタンは全米一安全であると言われます。

オバマ大統領と同じ選挙に出ていたジュリアーニ氏が、

NY市長時代に警察官を大幅に増やし小さな犯罪を潰すことで、

大きな犯罪が非常に少なくなったそうです。

今では地下鉄も普通に乗れますし、夜間に路地裏を歩いていても怖さを感じませんでした。

今回訪れてみて、本当にそのまま住みたいくらい居心地がよかったです。

日本からは少し遠いですが、ぜひ一度訪問されることをオススメいたします!

スマートフォンのプラットフォーム

  • 2010/08/21(土) 18:30:20

こんにちは、muraokaです。

熱い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
われわれ2年生は論文の執筆で大変な毎日を送ってます。
自分の考えのまとまりのなさにびっくりしてます。

スマートフォンのプラットフォームの争いが日本でも熾烈になってきてます。
日本の携帯電話は、同じキャリアでも機種によってプラットフォーム(≒仕様)がまちまちでした。
携帯電話向けのアプリケーションやコンテンツのサービス会社やは機種ごとに動作確認をし、調整する必要があり、開発が大変でした。これは日本の携帯電話の歴史特有のものであり、ガラパゴス化(ある地域でのみ通用する進化した基準)しているといわれ、いわゆる「ガラケー」と呼ばれる端末が巷にあふれてました。

そこで、ここ最近、MicrodsoftのWindowsMobile、AppleのiPhone、GoogleのAndroidなどプラットフォームを標準化する動きが出てきました。以前は機種ごとに開発が必要だったのが、理論的には機種が違っていても、プラットフォームが同じならサービスの開発が一回ですみます。たとえば機種が違うPCでも、WindowsOSならWindows用のソフト(Wordなど)が動くといったかんじです。

そこでプラットフォームのシェア争いが熾烈になってきていますが、それは各社に任せましょう。
それとは別に、プラットフォームに対応すれば大丈夫なのかといった問題があります。iPhoneは比較的クローズドな環境で、機種もアプリケーションもコントロールされているのに対して、Androidはいろいろな機種に採用されておりオープンです。
iPhoneのアプリケーションはAppleの申請時にガイドラインに照らしあわされて、アイコンひとつ使い方を間違えると許可が下りないようです。しかしプラットフォームの互換性が高く、iPadに移植することも簡単。ユーザーはiPhoneの世界観に合わないアプリケーションがなく、機種が固定されていて、カバーなどのアクセサリーでしかユニークさが出せない難点があります。
一方、オープンであるAndroidはハードルが低いことで、各メーカーが分採用しやすく、ユーザーはいろいろな機種を選択できます。アプリケーションを作成する会社はAndroidにさえ対応したアプリケーションを作ればよく、いいことづくめである・・・といいたいところだが、そうもいかないようです。機種によって表示の解像度などによる違いで、機種ごとに調整が必要な場合もあるようです。また、OSのバージョンによって動かなくなることもあり、開発会社は作り直さなければいけないこともあります。

ほかにもアメリカのシェアナンバー1のRIMの他Palmや、SamsungのBadaなどいろいろと出てきていて、結局プラットフォームごとにアプリケーションを作らなければいけない状態はしばらく続きそうですね。
止めどもないことを書きましたが、私はまだしばらくmovaを使っていきます。

muraoka

夏が来ました!

  • 2010/07/23(金) 17:56:35

こんにちは。muraokaです。

更新が滞っているようですので、ピンチヒッターです。

さて、RBSも前期の授業が終わり、7/26までにレポートを提出すれば晴れて夏休み!となります。
しかし、我々2年生は、論文で頭がいっぱいです。
もう前期が終わるというのに、提出できる気がしない!
などと泣き言を言っても始まりませんので、精いっぱい夏休みを使って書いていきたいと思います。

本日日経新聞に、住友生命保険が中核業務にクラウドを導入する記事が載っていました。
クラウドはセキュリティやサービスレベルの問題が指摘されることが多く、金融機関による導入は今後のクラウドの展開の大きな一歩となるでしょう。
今後のクラウドは、確かな技術で進化していければ良いですね。
「不安定」な夏の積乱雲のようにならないように。

最後に:
ホームカミングパーティーが8/7(土)17:00より開催いたします。
卒業生及び現役生の皆様は夏の思い出にどうぞ!


muraoka