肩、腰、背中

  • 2008/06/26(木) 00:23:57

当ビジネスデザイン研究科は、ご存知の通り社会人向け夜間大学院です。

仕事と勉強を両立、それに家庭も合わせて三方立している方も多い。
本当にみなさん、やる気があってすごいです。
院生室にも夜中12時頃まで人がいます。
朝、出勤前に勉強しにくる人もいたりします。

ここのブログを以前書いたChocolaさんは留学生ですが、
最初に会った頃にたわリスは彼女を日本人と間違えていた位、
日本語が上手です。
彼女にどうやって日本語を覚えたか聞いたところ、
「毎日毎日背中が痛くなるまでずーっと勉強してた」ということでした。

たわリスも今日は腰が痛くなるまで勉強しました。
しかし、まだまだ努力が足りません。
背中や首が痛くなるまで勉強せねば。

論文進んでる?

  • 2008/06/24(火) 01:01:16

ショートリリーフのたわリスです。

最近2年生が顔をあわせるたびに言うことは
「論文進んでる?」という言葉。

目下、大方は仮説作り、調査質問作り、
目次作りに悩んでいるようです。

しかし、ゼミによっては、
先生から「5月中に全部書け」と
言われたところもあるらしい。
背筋が凍るような話です。。。

実際にはどうだったのでしょう。
もう書けたのでしょうか?

たわリスは今日は素晴らしく優しい方から
論文についていろいろと助言をいただきました。
ありがたいです。
この親切を糧に頑張って進めねば!

しばし休憩です。

  • 2008/06/23(月) 14:14:24

@管理人です。
おさけさんにブログを書いてもらって、現BizCom編集部はひとまわりしたかな?
あ、書いていない人ひとりいた。。。修論忙しそうで、いつも違う次元にいるみたいなので、落ち着いた頃お願いしたいと思います。

先日、5期生(08年3月修了)とお会いしました。
このブログを楽しく見てくれているとのことでした。
数名の修了生の方々が見てくれているのは、なんとなく感じていましたが、面と向かって言われると嬉しいものですね。

@管理人

ランゲージアーツ

  • 2008/06/21(土) 01:22:25




皆様、こんばんは。

おさけです。


本日はランゲージアーツの講義を受けてきました。

ランゲージアーツの講義では、言葉を使って正確に相手に伝えるための訓練をします。順番に階段を登るように説明をする訓練です。


講義中は原稿用紙に説明文を書く機会が多くあります。原稿用紙に作文をしている姿は、とても大学院の講義という感じではありません。しかし、言葉を操る訓練は大事で、論理的思考の助けになると思います。

講義が進むにつれて、若干ですが説明文を書けるようになってきました。「継続は力なり」という言葉がありますが、講義期間が終了した後も勉強を継続することが重要なのかもしれません。


ランゲージアーツは頭のトレーニングです。続ければ力がつきますし、やめれば力が落ちます。私は体のトレーニング、フィットネス(ティップネス)は継続できませんでした


短期的な「興味向上心」を長期的な「意志継続力」につなげられる人になりたいです

ブランドマーケット

  • 2008/06/18(水) 02:28:50




皆様、こんばんは。

おさけです。


立教大学の建物はツタが絡まっていい雰囲気を出しています。まさにハリーポッター大学
仕事で疲れていても、中庭の木や建物を見ると元気になります。

今日は「ブランドマーケット」の授業でした。

ゲストスピーカーにインターネット調査の会社の方が来ました。授業で調査をしますが、調査票を作成するのに大変参考になりました。

インターネット調査のイメージは「アンケートに答えると1,000円がもらえる!」という感じ。
場合によっては性別さえウソを打ち込む人もいるらしい・・

調査を依頼する立場としては、いかに正確にアンケートに答えてもらうかがミソ。

最初にデモグラフィック属性による条件(性別、年齢、未既婚、学歴、職業、所得・資産)を聞くと、嘘やいい加減な回答が減るとのこと。

最近10年くらいはサイコグラフィック属性による条件(ライフスタイル、趣味、嗜好、考え方)を聞くケースも増えてきたとのこと。

う〜ん、調査の方法一つをとっても、いろいろあって面白い