言霊にすがる日々

  • 2010/09/22(水) 17:27:31

皆様、こんにちは。kensanです。
「暑さ寒さも彼岸まで」のようで、
明日からは少し涼しくなる予報。
さて、大学院2年の後期が始まりました。
研究と修論の執筆、エンジン全開のはずがですが、実態は一進一退です。
いい感じで書いたなと思いきや読み直すと結構がっかりするのです。
そんなとき、先達の言葉はありがたいものです。
「論理的とは、異なる立場の論者による批判に対し、防衛力があるということである。」
 By 宇佐美寛『反論の技術』
 ⇒修論を書く上ではむしろプレッシャーを感じます。
「独創とは人に知られぬ剽窃である」
 By William Ralph Inge
 ⇒近頃「剽窃」という言葉には敏感です。
「さまざまな本を読みその中から自分で真実を選んでゆく」
 By Chris Sabian 映画『交渉人』
 ⇒最近やけに積読が目立つ。
「失敗の原因:未知・無知・不注意・手順の不順守・誤判断・調査、検討の不足・・・」
 By 畑村洋太郎 『失敗学のすすめ』
 ⇒頭が痛い・・・
「壁はそれを乗り越える可能性のある人の前に現れる。」
 By イチロー 『松井秀喜とのTV対談』2004年
 ⇒イチロー気分です。
「努力する人は希望を語る。怠ける人は不満を語る。」
 By 井上靖 
 ⇒ありがとうございます。
「ひるんだら負け。」
 By 松井三都男 『NHKプロフェッショナル仕事の流儀』2009年
 ⇒ファイティングポーズを取り続けろ!
「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇」
 By Charles Chaplin
 ⇒何年か後にはいい思い出になるはず。

ニューヨーク

  • 2010/09/12(日) 18:20:45

こんにちわ wanmaruです。

学校行事としては夏休みの期間でしたが、前記の成績表が届いたところです。

一通り卒業への単位は達し、一安心です。

さて残すところは卒業論文ですので、日々分析に追われておりますが、なかなか進みません。

焦っても仕方ないのですが、みんなの状態が気になります…。



そんな状態ですが、先週、息抜きと夏休みを兼ねてNYへ行ってきました。

自由の女神、ミュージカル、ウォール街など見るものは事欠きませんが、

昨日テロから9年を迎えた世界貿易センタービル跡地も今は名所となっています。

現在はニューヨーカーはグランドゼロとは呼ばず、

フリーダム・タワー(現在跡地に建設中)と呼ぶそうです。

ということで、今はただの建設現場でした。

呼ぶのも悲しい記憶ということことからそう呼ぶそうですが、

フリーダム・タワーにも記念館の建設が予定されているので、

日本の原爆ドームと同じく長く記憶に残るでしょう。



さてテロとは異なりますが、NYのあるマンハッタンは全米一安全であると言われます。

オバマ大統領と同じ選挙に出ていたジュリアーニ氏が、

NY市長時代に警察官を大幅に増やし小さな犯罪を潰すことで、

大きな犯罪が非常に少なくなったそうです。

今では地下鉄も普通に乗れますし、夜間に路地裏を歩いていても怖さを感じませんでした。

今回訪れてみて、本当にそのまま住みたいくらい居心地がよかったです。

日本からは少し遠いですが、ぜひ一度訪問されることをオススメいたします!