メール連絡と資料

  • 2007/12/18(火) 02:12:39

明日の講義への準備(グループワークがあるのです)しないとなぁと思いながらも、
手の付けやすい今週末のビジネスシミュレーションを先に検討。
実は明日の講義の後に、ビジネスシミュレーションのメンバーと打ち合わせ予定。
なので、その叩き台となるものを作っておこうということです。
 別に、明日の講義を軽く見てる訳ではないですよ f^_^;
 この後、少しやります。

資料を送ろうと思いながら、0時を過ぎた時間を見て止めました。

院生は、大学が運営するサーバー上でのWebメールサービスを使用することが
出来ます。大学から個別メールアドレスが与えられるのです。
(グループのメーリングリストも作成できます)
このアドレスへ送付するのですが…、(私もそうですが)携帯電話への転送設定を
している人がいます。

『もはや手紙ではないメール』 という記事がありました。
もともと、メールはその名の通り手紙であったから、『相手がいつ読むかわからない』、
『届くかどうかもよくわからん』 というものだったが、最近は直ぐに届いて、直ぐに返事
という流れが出来ている。チャットに近いものになっていて、人と人を常に繋げている…
といった内容のものです。

大学から院生全員への連絡事項などを携帯で早く確認できるので、転送サービスは
便利なのですが、
 『この時間からのメールで携帯が鳴って、寝てるところを起こしてしまう…』
などと考えると明日で良いかなぁと思ってしまいます。
土曜日の授業用ですしね。
軽くバンバン、メールを出していた頃が懐かしい…。
 前日であれば、気にせず送ってしまいますが…:P

『打ち合わせに使用する資料は可能な限り事前に送付』 という心得も、
『時間をわきまえろ!』という常識には勝てないということです。

LEON


追記:
 上記状況の打開策は…『明日の朝、メールを出す』 です。
 朝の慌しさで、忘れそうで不安。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する