日曜の土用とうなぎ

  • 2011/07/25(月) 16:00:00

最近、やっと暑くなってきた。
今月になって妙に忙しく、寝不足が続きます・・。

仕事も平日が休みで、毎週土日に
平日の役員会に提出する資料作りのために、市場調査の結果の修正、
見積利益(期待CF)の数字の反映をしていたりする。

忙しいのはいいけど、なかなか、体が休まる時間がない。

体力消耗を感じて、日曜日、今日は、お昼にうなぎを食べた。
職場のある町、中野はなかなかの食の宝庫。
気の利いた小さなお店がぎっしり軒を連ねています。

とはいえ、行ったお店は、宇奈とと(左)。



都内で点在する庶民派のうなぎ屋です。
名物、うな丼ダブル(右)。これで900円だから、心強い。

ちなみに、お吸い物は100円。
ところが、お吸い物を頼むと、お店の人が、
「入口にクーポンがたくさん置いてありますから、もって入られるとよろしいかと」
とこっそり教えてくれた。だから、これで900円です。

しっかり食べた。仕事だけど、今日は日曜。
土用だし、こういう日は、普通、ビールは付き物。
都合のいい理由をつけて、
今日だけ、内緒で一杯こっそり戴きました・・。

ところで、夏にうなぎを食べる習慣になったのは、江戸時代から。
江戸時代の蘭学者、平賀源内が、うなぎ屋に依頼を受けて、
「今日は土用の丑(うし)の日」と書いた張り紙を出したところ、
うなぎ屋が繁盛したそうです。

因みに土用は、季節の初めの日、江戸時代では、この日から季節が変わります。

丑(うし)の日は、昔の暦の数え方で、干支で日付を数える方法。
今年は、7月21日(木)、来年、2012年は、27(金)が丑の日なんだそう。

この日には、頭に「う」の付く物、(うどん・うり・梅干)を食べると
体に良いとの言い伝えがあって、
そこに「うなぎ」を入れたところが新しかったんでしょうね。

そういえば、うなぎと梅干は、食べ合わせが悪くて有名。
お腹を壊すと聞いたことがある。
興味本位で、前に試してみたけど、別に何もなかった。

好きな食べ合わせも人それぞれですかね。


Babbie