高校生もIFRS

  • 2011/08/25(木) 07:31:28

先週の話。

都立の商業高校で簿記の先生をしている知り合いに会ってきた。
最近仕事で気になっていることがある。

2015年以降、IFRSの強制適用がある。
でもそれは、実業の世界の話。
じゃ、教科書は??高校の先生の簿記の授業は?

2015年以降に、社会に巣立っていく高校生は、3年間勉強してきた
簿記の知識の意味がなくなるのか。


勘定の方法も、仕分けの方法も、計上する数字も変わる。


IFRSの適用をめぐって、教育と実務の間に時間差はないのか?
学校の教科書と学習指導要領。いつから変わるのか気になった。

会計大学院を運営したり、公認会計士を生みだす僕たちの会社にとって、
この時間差はとてつもないビジネスチャンス。

2015年4月に社会に出る高校生は、2012年4月に高校に入学する。
もし、そうなら、IFRS教育は来年から高校生にも及ぶはず。

聞いてみたところ、新指導要領は2013年4月から適用。
教科書は、2013年4月から変わる。※

しかも、それまでの「会計」という科目の名前から「財務会計機Ν供廚箸覆襦
CFの計算やら、企業価値の計算法も盛り込まれているらしい。

2013年から高校生が、企業価値。もちろん資本コストも習う。
ということは、WACCもNPVも学習範囲になる。

でもかわいそうに、2012年に入学した日本全国の高校生は、
2年になったら、ガラッと変わってIFRSも勉強しないといけない。

もっと、大変なのは先生。
先生は、前年、2012年から予習しないと!

ということで、来年度の4月から、会計大学院で、
公開講座「高校教員もIFRS!」を始めてみようと思う。


秋から準備に入ります。


さらに、教員免許は10年に一回更新がある。

その時に行う国の定める講習にIFRSを盛り込んで
L○Cも参入する計画も立てよう。


だぶんできる。もともと、カリキュラムやコース設計、
プライシングが仕事。

担当する先生や講師も、なかなか興味深いと思う。

調べてみたら、1年間に更新講習を受ける高校の商業の先生は、
日本中に7000人。社会科の先生に広げてみると15000人。
まだ、この分野の参入機関はない。


コンバージェンスの流れに自分も目を話せません。


あ。先月の発言、
「会計の制度の変更は、コアな企業戦略に影響しない」

この件だけは、例外かもしれません。



Babbie



※ 新学習指導要領 (商業 2013年〜)

簡単に触れておきます。高校の先生の指導マニュアル。
(新科目 税務会計兇糧歓茵

[財務諸表の作成・表示の考え方]
財務報告の目的、財務諸表の構成要素、財務諸表の構成要素の
認識と測定など、企業会計の基礎にある前提や概念について概観させる。

[資産負債アプローチと収益費用アプローチ]
資産負債アプローチと収益費用アプローチの意義及び純利益と
包括利益の意義について理解させる。

[会計基準の国際的統合]
財務会計に関する国際的な基準や
我が国の会計基準の特徴及び会計基準の国際的統合
の動向について理解させる。


[企業価値と財務諸表分析]
企業評価の意義について理解させるとともに、
キャッシュ・フロー分析などを活用した企業価値の基礎的な
評価方法を習得させる。


(新指導要領「商業」より)