文章を書くことは恥をかくこと

  • 2008/04/30(水) 23:59:50

予告通り、恥ずかしい話など・・・

以前、私の愚ログにも記載した話題ですが
K前研究科委員長が↑タイトルのことを仰られていました。

『文章を書くことは恥をかくこと。
 恥をかかねば、良い論文は書けません。
 恥をかけるチャンスは少ないので、チャンスを生かすように』
 



それは忘れもしない昨年の夏。
某書の原稿執筆の際、私の書いた原稿について
K教授は・・・・


・文章が理解できない

・主語と述語が不明確

・文章が長く意味不明

・たぶん、アニキくん(私)も理解不能

・「はじめに」を読むので精一杯



と超ダメだしパンチを見舞ってくださいました。
当人だけのメールならばいいのですが、執筆関係者全員へのML上での
公開処刑につき、このときばかりは、本当に心から凹みました。

でも、どうせ大学院に来てドM化洗脳されているのであれば
トコトンドMになったろーやないかい!!(←なぜ大阪弁??)

と思い直し、開き直って喰らいついた結果、
めでたくOKの「よくがんばりましたね賞」を貰って
その後、本は無事に出版されました。

また、M1の際もこのK教授の授業にて
本当に基礎的な財務諸表の見方を間違えて答えて大恥をかきました。



今思えば、恥をかいてよかったと思います。
恥をかくと人間の学習能力から絶対に覚えますし、
次は絶対恥をかくまいと必然的に100%以上の努力することになります。


結論。

大いに恥をかくべきです



前段の話は論文作成上でいえば、1文は長く書くな!ということでしょうか。
長い方が・・・と思うところですが、短くないと何を書いているのか
わかりません。また主語と述語を明確に!!です。
(↑ランゲージアーツでやりましたね)

M1の方は特に授業で恥を覚悟で積極的に発言(質問)をしてみましょう。
新しい世界観(ドM観?)を享受できると思います。


                                      アニキ(Aniking)