会計嫌い

  • 2011/07/18(月) 13:07:18

僕は、会計が苦手だし嫌いだ。
簿記3級の勉強も前期課程の2年の後期で初めてちゃんと見てみたくらい。

先日、久しぶりにゼミで白熱した話題があった。

IFRSの適用を受けて、
会計のルールが変わると、企業の戦略は変化するか

するわけない。会計の方法で企業のコンセプトが変わってしまったら、
人の創意工夫がそもそも浮かばれない。

ファイナンスや経済の分野の院生はみんなそう考えるから、
この話題は、斬新だった。

会計は、企業経営の事後評価であって、会計の仕方の変更は、
企業のコアな戦略形成に影響しない。


これが僕たちの考え方です。

少なくともファイナンスや金融経済学を勉強しようとしている仲間からすれば、
企業の価値を手元流動性(short-term liquidity)や流動性選好(liquidity preference)
の枠組みで測定しようとします。

投資はあくまでも、市場の利子率との関係で偶然決まる。市場の偶然に任せて
企業家は資金調達する。
銀行の利子が上がれば、家計や企業の貯蓄資金が銀行へ流れ、
利子が下がれば、株への投資が積極的になされて株価が上がるだけ。


投資自体は、企業戦略とはあまり関係ない話だ。

ところが、最近、IFRS(国際会計基準)への適用が話題になっていることもあり、
不確実(Uncertainty)な将来のリターンを獲得するための支出、「投資」の一部は「費用」だと
いう論客がでてきた。

普通、会計の視点では、
一生懸命に工夫して稼いだ業績が、全体として勘定されてBSに反映される。
新規事業や商品開発は常に赤字の山だ。
将来のために「一生懸命に工夫」することは、
本当は、「費用」ではなく「投資」であるべきだ。


いい品や斬新なサービスが市場に出回って浸透するまで、
一体どれだけの人の苦労が蓄積されているだろう。
それらがことごとく「負債」ならたまらない・・。

IFRSで適用になる、マイレージなどの
ポイント引当金の負債の計上もその一つ。

例えば、販売対価として50,000円を受け取り、
5,000円分のポイントを発行した場合は、売上に計上できる金額は、
50,000円ではなく、45,000円。5,000円分は繰延収益として計上、
ポイントが使用された時に収益として計上される。


IFRS適用後には、短期的には、売上繰延が増えて、負債の金額は大きくなる。
ポイントの100%使用率は現実的な数字ではなく、実際は50%も行かないだろうから、
企業は売上繰り延べを収益に計上する機会も乏しく、ますます、負債が増えることになるわけです。
そもそも、ポイントは、機械やハンコで処理するだけのこと。
手間のかからない顧客獲得のための創意工夫です。

投資と考えて、負債に計上しなければ、
企業は安定して将来の戦略を練ることができるはずなのだ。
(少し暴論ですが)

会計について、大きいことを言える口では決してないけど、
顧客獲得のための創意工夫が少しでも、
積極的に評価されるような仕組みなってほしいと思う。


Babbie

バンコクで再会

  • 2011/07/01(金) 10:00:00

毎日暑かったり、雨だったり、天気が落ち着かない。
うっとうしい天気が続きます。
今日から7月。もう少しで夏の季節になりますね。

これまで7年勤めたL○Eという会社で、再出発します。
これから忙しくなると思うと、
少し、まとめてしっかり休んで、リラックスする時間が欲しくなりました。

そういうことで、
この前、一足先に、夏気分で、バンコクに行ってきました。
ここに、もう5年も住んでいる弟がいる。
弟と外国で会うのは、7年ぶり。
JETROがインターンシップの仕事でL○Cと組む仕事があって、
ベトナムにいった。その時にハノイで少し食事した程度。
今回は差し迫った用事もないし、タイ向けの製品開発の話、研究ネタの話、
タイ料理や観光の話、したい話が沢山思いつく。

弟に会いに行こう!

バンコク初めて来た。この国、静かでいいけど、とにかく暑い!!
6月、その日の東京の気温は22度。
途中、経由で立ち寄った台北の気温が28度。坦々麺食べたら我慢できず、
暑くて軽装に着替えたのに、
ここ、バンコクは35度。日本で言えば、本当に真夏だ。
雨季だと聞いたけど、雨なんか全く降ってない。

早速、市内のレストランで弟と再会
(僕と弟です。現地の食事がよほどおいしいせいか、この3年で20キロ増。バイク好きで、ヤマハ発動機に就職。新卒後、ハノイ4年、日本(磐田)1年、バンコク5年の東南アジア派。原材料調達(アルミや鉄を為替レートに応じて先物で安く仕入れ、
サプライヤーに部品納入の依頼をする係)と部品の軽量化とコスト削減が彼の仕事です。


まだ現地は16:00。まだ充分に時間がある。デパートで買い物して、
繁華街を見てから、

アスコル駅近隣のタイ料理店へ



でもこのレストランは、そんなに安くかったな。(右写真はカニ)
トムヤムクンやパッタイ、鶏肉をハスの葉に包んで蒸したものを頼んだ。
胡蝶蘭が置いてあった(左)。タイではそれほど高級ではないらしい。


次の日はワット・ポー(涅槃仏寺院)へ


こんなに暑いと、横になった仏像を作る発想にもなるよね。たしかに。
(でもさすが仏教国。釈迦さまの顔がきれいだ)
コンビニの前に住んでいる野犬もこころなしグッタリしてる(右)。
タイのセブンイレブンには、おでんもないし、カレーもないし、おにぎりもない。
アメリカに良くあるような24hの薬局のような感じ。
日用品と飲み物が多かったな。


物価は、日本の物価の1/3程度の感覚。
ここ、タイは、2002年〜2008年は今年率6%の経済成長を遂げている。リーマンショックの後も3%以上の経済成長。
経済成長に合わせて、インフレターゲットの政策金利が調整されるから、
1.06^5=1.338% さらに3年間年率で3%成長。
タイの物価はこの8年で1.42倍の計算です。
ここ、アスコル周辺は日本人の購買力に合わせて日本の物価に合わせているためか、少し高めだ。

それでも、雑貨や日用品、庶民的なものはどれをとっても、安い。日本なら3000円くらいのシャツが、400バーツ(1200円くらい)。屋台で食べる大盛の焼そば(パッタイ)が150バーツ(450円)。充分安く楽しめる。

時間の合間を縫った旅行。たった3日間で終わってしまいました。


帰りながら考えた。前に学校の健康診断で言われたことがある。
人間の脳は良くできていて、飽きるのが早いのだと。

なにかを始めると夢中になり、成功するまで挑戦したくなる。
でも意外に飽きるのも早くて、脳は同じ刺激で何年も満足できないらしい。
すぐ別の刺激を欲しがる。それが満足すると、また次の挑戦をしたくなる。

人間の脳は、欲張りだ。人間はこの発達した脳のせいで、
いつも疲れて生活していなければならないわけだ。

だから、そういう合間に普段触れない物事を見聞して、
しっかり受け止める時間をつくる。
そういう時間をつくることで、次の挑戦の意味を理解する。
チャレンジのサイクルが人を成長させるんでしょうね。


今回、7年ぶりに海外で弟に会い、外国の空気を吸い、リラックスした。
もう充分だ。また初心に帰って働こう。



Babbie



学会という所

  • 2011/06/25(土) 19:33:55

6月11日(土)財務管理学会の春季全国大会で八王子に行ってきました。
ここは、僕の師匠KM先生をはじめ、ファイナンスや会計の先生たちと集っている学会。ここで発表してきました。

テーマは

各国の所得格差と創業資金融資の金利
― LIBORおよびOISスプレッドの変動と所得格差との関係について ―

これは、前期課程から扱ってきたテーマです。
このテーマの関心を一言で言うと、
「所得や情報が一部の富裕層に集中している国(格差社会)」(A)と
「所得や経営情報が組織内で平等に分配されている国」(B)

創業後5年で、
AとBどちらの起業が製品イノベーションのパフォーマンスが高いか

(僕はBがいいと思っているし、それを確認できたのが昨年の研究でした。)

後期課程は、博士になるための3年間コースだけれど、3年間の研究スケジュールは、
自分が師匠と決めた先生と相談しながら決めていきます。
進学する少し前、師匠に研究計画を相談しにいって、アドバイスを求めたら、

学会発表はしておいた方がいいよ
今後の学会発表予定と、学会に投稿する論文の投稿スケジュールを立てておいて

だって。

・・・。前からそうだけど、僕の師匠KM先生は、言葉は優しいけど、言うことは時々無謀だ。
自分で調べたり、組み立てたものを出さないとアドバイスをくれません。
ま、その辺が厳しいところでもあり、自由に研究させてくれるいいところでもあるんですけど。

そんな経緯もあって、先生に推薦していただいて、6月の発表を迎えました。
プレゼン30分は、資料を基に淡々と話し、
質問に答えて終了。

結果は、どうだろう。良かったのか?
あまりの無反応にまったくつかめない。
・・みんな、「ポカーン」とした顔してたな。

ともあれ、

調べたことをただ客観的に先生方に伝えて意見をもらう


学会ってのは、そういう場なんだと実感してきました。

学会後、懇親会では、師匠と共に、元一橋大の小松章先生や、埼玉大の箕輪先生などとも名刺交換と会食の機会に恵まれました。
あのムチャぶり教授、MINI CASEのK本先生も来てました。

何はともあれ、終わってよかった!

後日、家に日本財務管理学会から手紙。
次回の学会が発行する研究紀要への投稿依頼が届いていました。

師匠の配慮に本当、頭が下がります。


Babbie


■ NOTE
製品イノベーションが高いパフォーマンスを示しているとき、必ずその企業は、資本市場の中での評価が連動します。だから、製品イノベーション高い企業のこの企業の投資家の期待収益率(A)は、市場ポートフォリオの期待収益率(B)を必ず大きく上回る。今回は(A-B)のスプレッドとCAPM表示の市場ポートフォリオの分散(VAR)を測定、併せて各国の金融機関の資本調達リスク
(Libor-OISスプレッド)と投資家間の家計所得のジニ係数(Income inequality)を回帰分析を行った。相関はr.059程度。

神戸旅行してきました!

  • 2011/06/06(月) 00:19:52

Babbieです。

1年半ぶりの投稿です。先日、ビズコム編集部の皆さんと
顔を合わせる機会がありました。
そういえば、僕も昔、編集部員の一人だった・・。
ほとんど仕事をしない編集部員だった。そういえば。

うーん、これじゃ、だめだな。

同期の皆さんが意外にも投稿していることに気づき、
少し触発されました。

8期で立教BDを無事修了
今は同じ学校のドクターのコースで研究中です。

修了記念に少し遅いけど、自分が生まれ育った街、
神戸に仕事でやってきました。
とはいえ、仕事で地方のサポートがあり、
どこへ行くかを決めていいというので、
中学生まで育った町、神戸を選びました。

早速仕事の合間を縫って、おいしいもの巡り。
中央亭のビーフシチュー創業は大正六年。
明治屋コンビーフはこの店のシチュー肉の味を安く再現できないかと
缶詰にされたそうです。

明治屋神戸中央亭

target="_blank">src="http://6.dtiblog.com/b/bizcom/file/IMG_7601s.jpg" alt=""
border="0" />


明治屋の専務が今もレジに立つ週間があるのだそうです。
(たまにだそうですが)

17年前の震災当時は、古くからの洋館が全壊。
シェフと店長は、倒壊したお店の中から、
レシピとお店のレジ台だけをもって逃げたそうです。
今もJR神戸駅の近隣で、のれんを保っていました。

SONEのジャズ。子供のころに父に連れられて来たけど・・。
意味も良さも分からず、たしか途中で寝てたな。
今も変わらず(たぶん)25年前と同じ風情を保っていました。

target="_blank">src="http://6.dtiblog.com/b/bizcom/file/IMG_6498s.jpg" alt=""
border="0" />


当時はオレンジシュースを飲んだけど。
今日は、おいしく酒を飲めます。
酔っぱらって、やっぱり、途中で寝ました。。

震災で苦しい北関東、東北の皆さん。
ここ神戸は、震災後17年を経ても、
自分たちの歴史と歩みを大切にしていました。
神戸中華街(南京町)では、関東の震災義損金のチャリティイベントが開催されていました。

target="_blank">src="http://6.dtiblog.com/b/bizcom/file/mamkings.jpg" alt=""
border="0" />


4000円しか財布にないのに、2000円も募金してしまった。。
明日、稼ぎます。

いよいよ10期生の登場です!

  • 2011/04/15(金) 18:01:42

こんにちは、takeshiです。

震災の影響により、学生・教職員の安全を考えて休校であったRBSが

ようやく始動します。

まずは、ピッカピカの1年生(古くて済みません)が入学してきます!


4/16にようやくガイダンスが始まりますね。


ドキドキ、わくわくなんだと思います。


何だか1年前を思い出します!


いっしょにがんばりましょね。